スポンサーリンク

簡易版ベーコン 燻製焼豚の作り方

手作りベーコンは美味しいけど、仕込みに時間がかかりすぎるのが難点。なのでベーコンほど手間をかけずに手軽に作れる燻製焼豚(チャーシュー)を作ってみました。

簡易版ベーコン 燻製焼豚の作り方

スポンサーリンク

燻製焼豚 材料

  • 豚バラ肉ブロック
  • 砂糖
  • にんにくチューブ
  • 黒コショウ

[参考レシピ]
燻製焼豚
このレシピをさらに簡略化しています。

スポンサーリンク

燻製焼豚 作り方

豚バラブロック
今回買った豚バラブロックは700グラムくらい。これを2つに切って燻製焼豚にします。

下味をつける
豚肉につける下味。塩30g・お砂糖10gくらい。お好みで調整してください。

下味をつける
豚肉と塩、砂糖をジップロックに入れてよく揉み込みます。その後、ジップロックごと冷蔵庫へ。4時間くらい放置します。

塩抜き
4時間経過したら、ジップロックからお肉を取り出し、肉をボウルなどに入れて流水にさらして塩抜きをします。ここでしっかり塩抜きしておかないと仕上がりが塩辛くなってしまうので、入念にやります。

塩抜き
塩抜きが終わったら、お肉の端をちょっと切り落としてフライパンで焼いて試食してみます。塩気が少し足りないくらいがちょうどいい塩加減。塩気が強いようなら、もう少し流水にさらして塩抜きしてください。

乾燥
次はお肉についた水分をキッチンペーパーでしっかり拭き取り、1時間程度乾燥させます。しっかり乾燥させるのが美味しくするポイントです。

フックをつける
乾かし終わったら、おろしにんにくと黒コショウをお肉にまんべんなく塗ってやり、燻製用のフックを刺してやります。

スポンサーリンク

燻製スタート

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ブランスモーカーセット円筒型 スモーク対応 M-6507

燻製開始
スモーカー内にぶら下げて、サクラのスモークウッドを使って熱燻で1時間くらい燻してやります。燻製中は豚バラ肉から脂やニンニクが落ちてすごい匂いが出てきます。換気のいい場所で燻すことをおすすめします。

燻製焼豚出来上がり
1時間くらい燻したら出来上がり。お肉を取り出してやります。すごくいい色になりました!燻製した直後はまだ煙の香りがキツイ感じがするので、一晩くらい冷蔵庫に入れて寝かしてやるのと香りが落ち着いてよいです。

燻製焼豚 試食
一晩置いた燻製焼豚を試食。フライパンに油を引かずに、そのまま加熱するだけで焼豚から尋常ではない脂が出てきます。まるでベーコンですね。スモーキーで、こってりしていてとても美味しいですよ。半日くらいで仕込みから完成までいけちゃうし、基本的には放置する時間が多いので手間はほとんどかかりません。バーベキューとかで作ると、かなりウケる一品だと思いますよ!

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ブランスモーカーセット円筒型 スモーク対応 M-6507
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) (2012-03-09)
売り上げランキング: 10,067
シュアー 電気コンロ SK-65
石崎電機製作所
売り上げランキング: 1,529
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする